パグの病気

パグの皮膚病を知る方法!この仕草をしていたら皮膚病を疑え!

パグ 皮膚病 トップ

パグは、ホコリや花粉などの外的刺激によってアレルギー皮膚炎や、過剰な皮脂によって起こる脂漏性皮膚炎などの皮膚病を起こしやすい犬種でもあります。

➡︎パグの病気についての詳しい内容はコチラを参照

あなたの飼っているパグも、知らぬまに皮膚病に苦しまされているかもしれません。

ただ、多くの飼い主さんがパグの皮膚病に気づいてあげることができていないんです。

私もそのうちの1人でした。

あなたのパグは、足を舐めたり噛んだり、あるいは耳を掻いたりという仕草を頻繁にしていることはありませんか?

実はこのような普段何気なく行なっている仕草が、パグの皮膚病のサインだったりするんです。

コロ
コロ
口では伝えられないけど、サインは出してるんだよ。

パグが皮膚病で痒い思いをして苦しんでいるのを見過ごさないように、いち早く気づいてあげるようにしてください。

こちらのトピックでは、あなたのパグが皮膚病に苦しんでいるのか気づけるように、パグの仕草からわかる皮膚病のサインを紹介したいと思います。

パグの皮膚が赤い、かさぶたがある

パグの皮膚病は、パグの皮膚の状態や仕草から判断することができます。

そして、パグの皮膚の状態を目で確認してあげることは、皮膚病を一番手っ取り早く確認する手段なので、日頃チェックしてあげるようにしましょう。

特にシワのある顔や目の周辺、耳などといった部分は要チェックです。

脇の下や下腹部、足の下などもしっかりとみてあげてください。

パグの皮膚が赤い状態であったり、かさぶたがあるという場合は皮膚病の可能性が高いです。

万が一そのような場合は、獣医師に相談するようにしましょう。

パグが皮膚病を起こしているかもしれない仕草

パグの皮膚が赤い、かさぶたがある皮膚にかさぶたができたり、赤い状態になる前でもパグの皮膚病に気づいてあげる方法があります。

それは、パグの仕草をチェックすることです。

パグの普段何気なくやっている仕草が、実は皮膚が痒いと訴えているサインだったりするんです。

パグの皮膚病にすぐに気づいてあげられるように、日頃から以下のような仕草を頻繁にしていないかしっかりとチェックしておくようにしましょう。

顔を足や床、壁に擦り付けて掻いている

足を使って顔をこすったり、床や壁に顔を擦り付けて掻いているような仕草をしていたら皮膚炎をの可能性があります。

コロ
コロ
遊んだりしてるわけじゃないんだよ。顔がめちゃくちゃ痒いんだ

シワの内側は見えにくいので放置してしまいがちですが、このシワをしっかりお手入れしてあげないと、皮脂や菌がたまり皮膚病を起こしてしまいます。

顔のクシャリとしたシワがチャームポイントであるパグですが、奥には汚れが沢山たまりやすく皮膚病が最も起こりやすい箇所です。

日頃からこまめにチェックしてあげるようにしましょう。

足を舐めたり噛んだりする

足を舐めたり噛んだりするのが、犬の癖なのではないかと勘違いする方もいますが、これは足が痒いから舐めたり噛んだりしているんです。

コロ
コロ
足のお掃除をしてるわけじゃないんだよ。

このような仕草を頻繁にする場合は、パグの足の指の間や肉球をチェックしてみてください。

皮膚病の場合は、足がピンク色になっていたり赤い色になっていたりします。

耳をよく掻いている

犬が耳を掻いたりすることは、とても一般的な行動のように思えますが、実はこれも皮膚炎のサインだったりするんです。

コロ
コロ
これは多くの人が勘違いしているかもね。

中でもマラセチア症という耳にあるマラセチアという常在菌が異常繁殖しておこる皮膚病は、パグ以外の犬でもかかりやすい一般的な皮膚病です。

皮膚を沢山掻くことによって、耳から悪臭がしたり、毛が抜けたり、皮膚が傷ついていたり、ということがあったら皮膚病の可能性が高いです。

パグの皮膚病の兆候を確認したら

これらのパグの皮膚病の兆候を確認したら、できるだけ早く獣医師にパグを見てもらうようにしましょう。

皮膚病の処置が遅くなると皮膚がただれてしまったり、傷が治りにくくなったりします。

最悪の場合は傷が残ってしまうなんてことも。

パグに苦しい思いをさせないように、常日頃からこまめに皮膚の状態や仕草をチェックするようにしましょう。

皮膚病でも対象になる保険

犬の皮膚病は一般的でとてもかかりやすい病気の1つなので、犬の保険に入っていても皮膚病に関しては適用していないという会社も沢山あります。

ただ、保険を活用できないのであれば、保険に入っている意味もあまり意味がないですよね。

かかりやすい皮膚病だからこそ適用してほしい気持ちもあると思います。

そこでお勧めしたいのが、ペッツベストです。

ペッツベストは、3つのシンプルなプランから簡単に選べるペット医療保険で、ファーストプラン、ベーシックプランであれば、皮膚病に関する病気にも適用されます。

気になった方はぜひチェックしてみてください!

パグに最適な餌を与えよう

パグ 餌 選び方あなたは愛犬のパグに、どのような餌を与えていますか?

餌は食べてくれれば何でも良いというわけではありません。

パグの体にあった栄養バランスの取れた餌を与えてあげることが大切です。