パグのしつけ

パグの噛み癖のしつけ方!コレだけで簡単にしつけられる!

パグ 噛み癖

「目についたものに何でも噛み付いてしまう」「一度噛み付いたら離そうとしない」このようなパグ噛み癖に悩んでいませんか?

パグは大人しくお利口さんで室内犬としても飼いやすい犬といわれますが、遊ぶときや甘えたいときに物についつい噛み付いてしまう時があります。

コロ
コロ
顎の力が発達しているから本能的についつい噛み付いちゃうんだよね。

これをよかれと放置しておくと、パグに噛み癖がついてしまいます。

パグに噛み癖がついてしまうと安心して部屋を留守にできないですし、パグは顎の力が強いので、成犬になってから指を噛まれてしまうと怪我をしてしまうことだってあります。

飼い主がパグの噛み癖によって頭を抱えないためにも、早い段階から噛み癖を直してあげるようにしましょう。

噛み癖は正しい方法でしつけてあげれば、どんなパグでも直してあげることができます。

こちらのトピックでは、パグが物に噛み付いてしまう理由を知ることから、噛み癖のしつけの方法までを見ていきましょう。

パグが噛み付く理由

パグが噛み付く理由パグがものに噛み付く時は、やみくもに噛み付いているようにも見えてしまう時がありますが、ものに噛み付くのには理由があります。

子犬の頃は乳歯が痒くて、どうしても何かに噛み付きたくなってしまう時期だってあります。

間違ったタイミングでパグに叱ってしつけをしても、パグはストレスを抱えてしまうだけです。

適切なしつけができるように、なぜパグがものに噛み付いてしまうのかの理由を理解しておくようにしましょう。

遊びやストレス発散

パグが物に噛み付いてしまう多くの場合が、この遊びやストレス発散という理由です。

パグは顎の力が発達しているので、気が乗ってしまうとついついものに噛み付いてしまうんですね。

パグが噛んでもいい「おもちゃ」を与えて、ストレスを発散させてあげるようにしましょう。

飼い主への甘えや要求

飼い主とパグとの主従関係がうまく出来ていないと、パグが飼い主に甘えたり何かの要求をするときに噛んでくる事があります。

噛まれたときに飼い主が高い声で驚いたり、悲鳴をあげたりすると、パグが飼い主に要求をするための有効な手段だと思ってしまい噛み癖がついてしまう事があります。

もし、このような心覚えがあったら要注意ですね。

攻撃や威嚇

基本的にパグは大人しい性格で、攻撃性を示したり威嚇をしたりということはしない犬です。

ただ、ヤキモチを妬いたり、恐怖を感じたりするときには噛み付いたり、無駄吠えをする事によって攻撃性を示すこともあります。

歯固めの時期

子犬の時は特にものに噛み付く事がよくありますが、乳歯が入れ替わり歯固めの時期もあるということを覚えておく必要があります。

歯固めの時期は部屋のものが噛まれないように、床には出来るだけものを置かないよう飼い主側も対策をするようにしましょう。

代わりに「歯固め用のおもちゃ」をパグにあげ、遊ばせてあげるようにしましょう。

噛み癖を直すしつけの方法

噛み癖を直すしつけの方法本来噛み癖は子犬の親が直してくれるって知っていましたか?

パグの親は、子犬が噛んできたら、それを噛み返すことによって噛むことがいけない事だと子犬に教え込みます。

子犬の時期から親元を離れて暮らすということは、この親に教えてもらう機会を失うということなので、飼い主であるあなたが愛犬のパグに噛む事がいけないことだと教えてあげなくてはいけません。

ちょっと驚かせるような言い方をしましたが、しつけの方法はシンプルで簡単なので、根気強く教えてあげれば、どのパグでも覚えてくれるでしょう。

それでは、パグの噛み癖を直すしつけの方法について見ていきましょう。

コマンドを使う

噛み癖のしつけをする上で一番大切なことは、噛む事がいけない事であると教えてあげる事です。

何か物に噛み付いていたり、遊んでいる拍子に指に噛み付くようなことがあれば、そのタイミングで「辞めさせるコマンド」を使ってください。

辞めさせるコマンドを使う時は、低い声で言ってあげるようにしましょう。高い声を出してしまうと、飼い主が「喜んでいる」と勘違いしてしまう可能性があります。

「噛み付いては、コマンドで辞めさせる」を繰り返していくうちに、パグは噛むことがいけない事だと理解してくれます。

パグは1度でしつけをマスターできるほど賢くはないので、覚えてくれるまで根気強く繰り返してあげるようにしましょう。

しつけの際に使う「辞めさせるコマンド」は1つに固定してあげてください。「ダメ」「いけない」「やめ」など何でもいいですが、パグと飼い主で意味が通じ合えるコマンドを決めてあげるようにしましょう。

複数のコマンドを使ってしまうとパグが混乱し、いつまでも覚えてくれないという可能性があります。

➡︎パグのしつけのポイントについてのトピックはコチラ

早い段階からしつけをしてあげる

パグの噛み癖を直してあげる最大の近道は、子犬の段階から行ってあげるということです。

子犬の段階は、パグ特有の性格である頑固さもまだまだ薄く、飼い主の言うことを素直に聞き入れてくれやすいです。

逆に成犬になってしまうと、その分だけ教え込んであげるのに時間がかかるようになってしまうので、パグを愛犬として家に迎え入れた日からしつけをしてあげるようにしましょう。

マズルコントロールをする

マズルコントロールのしつけを子犬の段階からやっておくのも、噛み癖を直すために効果的な方法です。

噛まれた時に辞めさせるコマンドのしつけと並行して、マズルコントロールのしつけもしてあげるようにしましょう。

マズルコントロールは、噛み癖や無駄吠えのしつけだけでなく、飼い主と犬の主従関係を教えてあげる手段でもあるので必ず行うようにしましょう。

「そもそも鼻の短いパグにマズルコントロールってどうやるの?」と思ったあなたは、パグのマズルコントロールについてのトピックを参照してください。

「しつけくん」を使う



パグが噛み付いたときに「しつけくん」を使ってしつけをする方法も効果的です。

しつけくんは犬の首輪として装着させ、ダメなことをした時に音や振動によってダメな行動を辞めさせるしつけ用グッズです。

現にしつけくんを使ってパグの噛み癖が治ったという事例もあります。

成犬になってしまって噛み癖のしつけに困っているという方や、なかなかしつけができないという方は「しつけくん」を試してみてはいかがでしょうか。

さいごに

パグは噛み癖がついてしまうと大変ですが、しつけ自体はシンプルで簡単です。

やり方とタイミングさえ間違えなければ、どのパグでも噛み癖を直す事ができるでしょう。

パグの噛み癖で犬の愛犬のお世話が大変になってしまわないように、早い段階からしつけをしてあげてくださいね。

パグに最適な餌を与えよう

パグ 餌 選び方あなたは愛犬のパグに、どのような餌を与えていますか?

餌は食べてくれれば何でも良いというわけではありません。

パグの体にあった栄養バランスの取れた餌を与えてあげることが大切です。