パグの服

パグにあった服のサイズの選び方!もう服のサイズ選びで迷わない!

パグ 服 サイズ

パグを来させてあげることは、直射日光対策や防寒対策などもありますが、愛犬のパグを可愛らしく着飾ってあげたいという意味合いもあるのではないでしょうか。

最近では可愛い犬の服が沢山販売されているので、愛犬のパグにも色々試してみたくなっちゃいますよね。

ただ、着させてみたい可愛い服は沢山あるものの、愛犬のパグのサイズにあった服が見つからないという方もいるのではないでしょうか?

パグは首まわりや胴まわりが太くなりがちな犬なので、サイズ選びにちょっと手間がかかります。

パグに間違ったサイズの服を選んでしまわないように、こちらのトピックでは、パグの体型にあった服のサイズの選び方について見ていきます。

パグにあった服のサイズの選び方

パグにあった服のサイズの選び方犬の服を選ぶときは、サイズ表記や体重だけを見て調度いいサイズが選べる場合もありますが、パグの場合はそうはいきません。

パグは骨格上、首まわりや胴まわりが太めで、特に肥満気味なパグとなるとお腹が出てきて胴まわりが太くなりやすいです。

そんなパグに服を選んであげるときには「体の採寸」を必ずしてあげてから選ぶようにしましょう。

採寸してあげる部位は、首まわりと胴まわり、着丈になります。

採寸をしてあげたら、あとは愛犬のパグにあったサイズの服を選んであげるだけです!

採寸をしてあげるというひと手間だけで「パグの服のサイズが合わなかった」ということを防ぐことができます。

採寸をする際には、パグがゲガをしてしまわないように、刺繍用などといった柔らかいメジャーを使ってあげるようにしましょう。

採寸のやり方に関しては、以下を参考にしてください。

首まわりの採寸

首まわりの採寸は、首の付け根あたりから一周させた長さを測ります。

首輪などをしている場合は、その首輪をきつく締めずに付け根あたりまで落ちてくるところを目安に採寸してあげてください。

ベルトタイプなどであれば、どこの部分で留め具をしているのかチェックして、ベルトの長さで採寸するのもオススメです。

胴まわり

胴まわりの採寸はパグの採寸で必ずしなくてはいけないことです。

前足の付け根あたりを胴まわりの採寸場所と勘違いしてしまいがちですが、胸の一番太いところを一周させて採寸するようにしてあげてください。

着丈

着丈の採寸は、首の付け根からお尻辺りにかけての長さになります。

ただ、服のデザインによっては腰あたりまでのものと、尻尾の部分まで伸びているものがあります。

デザインによってサイズを見分けられるように「首の付け根から尻尾の付け根の長さ」と「首の付け根から腰と尻尾の中間の長さ」を測っておくことをオススメします。

パグの服を探すときのポイントや注意点

パグの服を探すときのポイントや注意点パグの採寸をして服を選んであげれば、サイズ選びに失敗することは殆どありませんが、それ以外にも服を探すときに抑えておきたいポイントと注意点がいくつかあります。

ここでは、そのポイントと注意点を見ていきましょう。

表記されているサイズだけで選ばない

「うちのパグは体が小さくて痩せ型だからSサイズかな。」「前回採寸して買ったのがMだったから今回もMで大丈夫かな」といったようなサイズ表記だけで判断する選び方はしないように注意してください。

犬の服は、人間の服のようにサイズの規格があるわけではありません。

あくまで目安として「S,M,L」などの表記はされていますが、犬の服の実際のサイズはブランドやお店によって変わってしまいます。

必ず愛犬のパグの採寸とサイズが合うかどうかチェックして、適切なサイズを選ぶようにしましょう。

ヌードサイズか出来上がりサイズかを要チェック

愛犬のパグの採寸を確認して、それにあったサイズの服を探すときに、その服が「ヌードサイズ」の表記なのか「出来上がりサイズ」の表記なのかをチェックするようにしてください。

ヌードサイズには「その採寸の犬にあうサイズ」が表記されていて、出来上がりサイズには「おおよそこれぐらいの採寸の犬にあうサイズ」が表記されています。

出来上がりサイズの判断は少し難しいですが、首まわりと胴まわりにヌードサイズの+3cmくらいの目安で考えてあげると大丈夫でしょう。

犬の服は、大は小を兼ねない

人間の服であれば、サイズが大きくてもダボっとした感じが可愛いとか、大は小を兼ねるなんてことがありますが、犬の服に関しては大は小を兼ねるということはありません。

ダボダボに着させたら可愛いんじゃないかと思っても、サイズが大きすぎてしまうと服が脱げてしまうので、サイズはジャストサイズのものを選ぶようにしましょう。

素材の伸縮性も確認

買う服が伸縮性があるものなのかも服を選ぶ上で重要なポイントです。

伸縮性の高い素材であれば、ヌードサイズの表記にしたがって選べば大丈夫ですが、伸縮性のない服の場合は、ヌードサイズに+3~4cmくらいを目安にサイズを選んであげるといいでしょう。

体重表記はあくまでも目安

犬の服を選ぶときに、体重を目安に服を選ぶ方がいますが、これはやらないようにしてください。

仮に体重が一緒のパグでも、スタイルや骨格は個体によって様々です。

体重だけで服を選んでしまうと、間違ったサイズを買ってしまう原因になるので、あくまでも目安程度に捉えておくようにしましょう。

さいごに

パグは首まわりや胴まわりが太く、服を選んであげるのが少し大変ですが、採寸をしっかりしてあげれば間違ったサイズを買ってしまうことは防げます。

飼い主が気に入った可愛い服を着させてあげるのもいいですが、愛犬のパグに着させてあげたときに、ストレスなく快適に過ごしてもらえるようにするためにも、サイズ選びは慎重にしてあげましょう。

パグに最適な餌を与えよう

パグ 餌 選び方あなたは愛犬のパグに、どのような餌を与えていますか?

餌は食べてくれれば何でも良いというわけではありません。

パグの体にあった栄養バランスの取れた餌を与えてあげることが大切です。