パグのしつけ

パグの早食いは不健康!?パグの早食いを直す方法!

パグ 早食い トップ

あなたのパグは、餌を食べる時に早食いをしていませんか?

パグは餌の時間が大好きな食いしん坊さんなので、与えた餌をペロッと早食いしてしまうこともしばしばありますよね。

与えた餌が数秒でなくなってしまうのに、飼い主のあなたも驚いているのではないでしょうか?

コロ
コロ
美味しいからついつい早食いしちゃうんだよね。

ただ、そんな早食いするパグが可愛いからといって、いつまでも甘やかし続けていてはいけません。

しっかりと餌を食べてくれるのはいいことですが、早食いはパグの健康にとても悪いことなんです。

こちらのトピックでは、早食いがパグにとってなぜ不健康なのか、そして早食いを直す方法を紹介していきたいと思います。

早食いがパグにとって不健康な理由

私たち人間でも早食いは体にとって良くないとよく言われますが、それが犬になっても全く同じことが言えます。

犬は食餌量を確保するために本能的に早食いをしてしまう習性が残ってしまっています。

ただ、ペットとして飼っている以上早食いをする必要はないし、早食いは犬にとって不健康な習慣と言えます。

犬が早食いをすることが、どのように悪いことなのか細かく見ていきましょう。

消化に不良や嘔吐の原因

小型犬用のドッグフードは、喉に突っかからないように小さく作られています。

そのため、早食いする犬は餌をほとんど噛まずに飲み込んで胃に流し込んでしまっているケースが多いんです。

コロ
コロ
ドッグフードは飲み物だぜ。

犬の胃は人間の体のように消化酵素が含まれていないので、食べ物を消化するのに唾液が必要です。

ただ、噛まずに飲み込んでしまうと唾液がほとんど分泌されてないので、消化にとても悪いんですね。

結果的に排便の質が悪くなることや、消化不良の嘔吐にもつながります。

過食してしまい、肥満になる

人間にも言えることですが、早食いをしてしまうと満腹感が得られません。

結果的に必要以上に餌を食べてしまい、肥満の原因となります。

パグの肥満を解消させたければ、まずは早食いを辞めさせるというのも1つの手段です。

歯石ができたり歯周病のリスクが高まる

唾液の分泌は、消化だけでなく歯の表面の汚れを落としてくれる役割もあります。

犬の歯石をとるのにオモチャで遊ばせますが、餌を食べるタイミングも歯石の予防に大切なことです。

早食いをしてしまうと、この歯のケアに大切な唾液の分泌がされてないので歯石ができやすくなったり、歯周病のリスクが高まることにつながります。

パグの早食いを直す方法

それでは、どのようにすればパグの早食いを直すことができるのでしょうか?

パグの早食いを直すためのテクニック4つ紹介していきたいと思います。

1日の量は変えずに、食事の回数を増やす

早食いを防止させるために、今すぐにでも実践できることは、食事の回数を増やすということです。

一度に一気に与えるのではなく、回数を3,4回に増やしていきましょう。

餌の回数を増やすことによって、パグが空腹感を感じにくくなり結果的に早食い防止につながります。

回数を増やしても与える1日の与える餌の量は必ず変えないようにしてください。

餌の量も回数と同時に増やしてしまっては、返って肥満の原因になります。

早食い防止グッズを使う

早食い防止グッズを使うことによって確実にパグの早食いを直してあげることができます。

餌入れを変えるだけでも、餌を全て食べるまでに今までの倍以上の時間がかかるでしょう。

餌入れを選ぶ時は凸凹と突起物が多いものよりかは、迷路のような形をしたものを選んであげた方がパグにとって安全なのでおすすめです。

また、コングのような餌を入れられるオモチャもあります。

このようなオモチャは餌の早食いの防止だけでなく、知育もできるためオススメです。

早食い防止グッズは、餌を食べにくくさせることによって犬にストレスを与えているように見えますが、実は知能をこらして食べ物を食べるという「犬の本能」を刺激していることになるので、逆にストレス解消になります。

不特定の場所に置き、餌を探させる

これも早食い防止グッズと同じような概念です。

不特定の複数の場所に餌を置くことによって、パグは餌を探しに部屋をうろうろします。

これによって餌を食べ過ぎてしまうことも防げるほか、餌探しという獲物探しの代わりのような活動を行うことによってストレスの発散につながります。

コロ
コロ
家にいると体を動かす機会がないから、こういうのが好きなんだよね。

ただ、複数の場所に餌を置くなどといった手間がかかるので、それが嫌だという方は早食い防止グッズがいいかもしれませんね。

ドライフードをあらかじめふやかす

ドライフードは犬の胃の中に入って水分と混ざり膨らむことによって初めて犬に満腹感を与えます。

つまり、ドライフードは満腹感を感じるまでに時間がかかるんですね。

食べてすぐに満腹感を感じてもらえるようにドライフードをあらかじめふやかしてあげます。

すぐに満腹感を感じられるので、早食いや食べ過ぎの防止につながります。

パグの早食いは健康のために必ず直しましょう

犬は本能的に早食いをしてしまうものなので、ある程度のことは仕方ないですが、そのまま続けさせていては不健康なことばかりです。

そのうち消化不良肥満歯周病などが原因で病気になってしまう可能性だってあります。

そんなことにならないように、早いうちから今回紹介した方法でパグの早食いを直してあげましょう。

 

パグに最適な餌を与えよう

パグ 餌 選び方あなたは愛犬のパグに、どのような餌を与えていますか?

餌は食べてくれれば何でも良いというわけではありません。

パグの体にあった栄養バランスの取れた餌を与えてあげることが大切です。