パグの病気

パグの目の病気には注意!パグの目を守る方法!

パグ 目 病気

パグは短頭種で、顔にはクシャリとしたシワがありとても可愛らしい表情をしていますが、鼻が短く目が前に出ているため、目を傷つけてしまいやすい犬種です。

日頃から注意深くパグの目をチェックしてあげないと、パグ目の病気や怪我をしてしまう原因になります。

こちらのトピックでは、飼い主がパグの目を守ってあげられるようにパグがかかりやすい目の病気やパグの目を守ってあげる方法について紹介していきたいと思います。

パグの目は病気にかかりやすい

パグは他の犬と比較しても目の病気にかかりやすい犬種です。

鼻が短く目が前に出ているので、その理由もなんとなくわかりますよね。

犬の目の病気には「遺伝」からくるものと「怪我」によってなるものがありますが、パグはそのほとんどが怪我が原因となって発症するものです。

パグは、日頃の生活で目を傷つけてしまい「角膜炎」や「白内障」「緑内障」などといった目の病気を発症してしまいます。

それでは、パグのかかりやすい目の病気について、もう少し細かく見ていきましょう。

角膜炎

角膜炎は、目の角膜が傷つくことによって発症する目の病気です。

目の乾燥によるものや、砂やホコリなどのゴミが目に入ってしまったり、顔をかくつもりが誤まって爪が目に当たってしまったなど、複数の原因が考えられます。

パグは鼻が短いだけでなく、目のサイズも比較的大きいため、目が乾燥しやすく目に菌が入り混んだり、傷ついたりしまうことが多いです。

角膜炎になると、パグは目をしょぼしょぼさせたり、涙や目ヤニをたくさん出したりします。重度な場合は角膜が白く濁ることもあります。

角膜炎になった場合は、一般的に抗生剤や消毒剤によって治療を行います。

角膜炎に対しての一般的な治療としては、まず眼をきれいに洗眼し、抗生剤や消炎剤等の目薬による治療を行います。

放置するとパグの視力低下や失明の原因になる目の病気なので、早期発見できるように心がけましょう。

白内障

白内障はパグが老犬になった時によく見られる目の病気です。

目が曇ったように広くなり艶がなくなっていく症状で、歳をとるに従って進行していきます。

ほとんどの場合が年齢によるものですが、中には若年性白内障という2歳以下で白内障を発症してしまうケースもあります。

これは糖尿病や親の遺伝の影響によって起こると言われています。

視界の全てが曇って見えるようになり、ものの輪郭を判断する力が弱ってきます。

白内障を放置していると、緑内障などの目の病気も続発させる原因になるので、早めに獣医師に相談するようにしましょう。

緑内障

緑内障には、原発性緑内障と、続発性緑内障の2種類がありますが、パグは白内障やぶどう膜炎が原因となって発症する「続発性緑内障」にかかりやすいと言われています。

緑内障にかかると視覚障害が起こり、柱や壁などによくぶつかるようになります。

また、目に痛みが出て目をしょぼしょぼさせたりといった症状も見られるようになります。

緑内障は初期段階であれば、失明になることなく治療が可能な病気です。

目の異常や視覚障害のような行動が見られたら、すぐに獣医師に相談するようにしましょう。

眼球突出

パグの後頭部に強い刺激を受けると眼球が外側に飛び出してしまう症状の目の病気です。

本来は瞼で守られている眼球ですが、外に突出することによって眼球が乾燥し、細菌の感染も起こりやすくなり。

症状が酷くなると結膜から組織液が出てきたり浮腫が出てきたりします。

眼球突出を放置してしまうと最悪の場合「失明」にも至ってしまうので、獣医師に見てもらい適切な手術をしてもらうようにしましょう。

パグの目を守ってあげる方法

パグは鼻が短く、大きな目を持っているので目の病気はつきものかもしれません。

ただ、飼い主が日頃からパグの行動を注意深くみてあげることによって、パグの目を守ってあげることは可能です。

ここでは、パグの目を守ってあげる方法をいくつか紹介していきたいと思います。

散歩の場所に気をつける

散歩に外へ出かけると、パグの目を傷つけてしまう様々な危険があります。

飼い主はパグの目を傷つけないように、注意深く見てあげるようにしましょう。

砂埃が浮きやすい所や、草むらの場所小枝が沢山落ちている場所などの散歩コースは危険が多いので避けるようにしましょう。

頭に衝撃を与えないようにする

頭に強い衝撃が与えられてしまうと、眼球突出の原因になります。

日頃から頭に大きな衝撃が与えられないように気をつけるようにしましょう。

散歩をしている最中に、他の犬と喧嘩するようなことがあったら、すぐにやめさせるようにしましょう。

頭を強く打ってしまったり、犬の足がパグの目にぶつかってしまう原因になります。

サプリメントで栄養ケアしてあげる

栄養バランスが偏って目に涙が出なくなったりすると、目に菌が入り込みやすくなったり、まばたきをした時に目を傷つけてしまう恐れもあります。

ジェルタイプのおやつ感覚で与えられる目のサプリメントもあるので、そういったのを日頃から与えるようにして、目の健康を気遣ってあげるのもいいかもしれませんね。

さいごに

パグは目の病気にかかりやすい犬種ですが、飼い主の心遣いで未然に防ぐことは十分に可能です。

パグが目の病気になって苦しい思いをしないように、日頃から注意してパグの行動を見てあげるようにしましょう。

また、愛犬のパグの目をチェックした時に、目をしょぼしょぼさせていたり、炎症が見られたりしたら、症状が悪化する前に獣医師に相談するようにしてあげてくださいね。

パグに最適な餌を与えよう

パグ 餌 選び方あなたは愛犬のパグに、どのような餌を与えていますか?

餌は食べてくれれば何でも良いというわけではありません。

パグの体にあった栄養バランスの取れた餌を与えてあげることが大切です。