パグの体重

あなたのパグは肥満かも!?パグの肥満チェックのやり方と解消方法!

パグ 肥満

人間にとって肥満が不健康であるように、犬にとっても肥満は不健康であることに変わりはありません。

丸々したパグが可愛いからと、パグの肥満を放置しておくと、病気やストレスの原因にもなります。

あなたは自分のパグが肥満かどうか日頃チェックしてあげていますか?

飼い主のあなたがパグの肥満にいち早く気づいてあげ、できるだけ早く解消させてあげるようにしましょう。

こちらのトピックでは、パグの肥満による病気のリスクや、肥満かどうかの見分け方、肥満の解消方法について紹介していきたいと思います。

パグの肥満によるストレスや病気のリスク

パグは小型犬ではありますが、食欲旺盛で食いしん坊な性格なので、飼い主が気にしないでいると、あっという間に肥満体型になってしまいます。

パグが肥満になることによって、以下のような病気やストレスをかかえてしまう原因になります。

  • 脂肪で呼吸器官が圧迫され呼吸困難になる
  • 関節に負担がかかり、関節炎になる
  • 糖尿病脂肪肝などの病気になる
  • 余分な皮膚が増え、皮膚炎になるリスクが上がる
  • 夏に温度管理がしにくくなり、ストレスになる

パグが肥満になって苦しい思いをさせてしまわないように、飼い主が常日頃からパグの状態をチェックしてあげることが大切です。

パグが肥満かどうかチェックする方法

あなたは自分のパグが肥満かどうかチェックする時に、パグの何を目安にチェックしていますか?

もしパグの体重だけをみてチェックしているのであれば、そのやり方は変えたほうがいいです。

なぜなら、パグの個体によって適切な体重が変わってくるからです。

人間でも身長や性別によって適切な体は大きく変わってきますよね?

身長170cmの男性と身長160cmの女性では、肥満となる基準値は違います。

パグであっても、これと全く同じことが言えるんですね。

しかしながら、犬には肥満度をチェックするBMI値のようなものは存在しません。

なので、パグの体の見た目であったり、肋骨、腰などの部位に触れて見ることによって肥満かどうかチェックします。

チェックのやり方はとても簡単なので、実際にやってみてください。

見た目でパグの肥満度をチェックする方法

パグの肥満度を見た目で判断するときは、パグを真上と真横から見るようにします。

真上から見るときは腰のくびれ真横から見るときはお腹のラインをチェックします。

【理想的な体型】

真上から見たときに、腰にくびれがあり、真横から見たときに胸から足の付け根にかけて釣り上がっていき、お腹のラインが引き締まっていてる。

【肥満の場合】

真上から見たときにくびれがなく、骨盤が肉で隠れてしまっていて、真横から見たときにお腹のラインが床と平行か弛んでしまっている。

触ってパグの肥満度をチェックする方法

見た目で肥満度をチェックしてみたら、次は実際にパグの体に触ってみて肥満度をチェックします。

胸部や脇腹を優しく抑えるように触ってみましょう。

適度な脂肪に覆われているくらいであれば、助骨や肩甲骨を感じることができます。

助骨や肩甲骨を探すのが難しかったり、どこにあるか分からないくらいに脂肪が乗っかっていたら肥満体型です。

もしもパグが肥満だったら

もしあなたのパグが肥満気味であったら、そのまま放置するのではなく、早い段階から体重が落ちるように対策をとるようにしましょう。

多くの場合は、与える餌の量や質を見直すことで肥満を解消させることができます。

散歩を増やして運動させれば良いと考える方もいるかもしれませんが、犬は人間のように運動だけでは簡単に痩せることはできません。

むしろ、体が動かしにくい肥満の状態で無理な運動をさせすぎると、関節を痛めるなどといった原因になります。

無理なダイエットをさせるのではなく、与える餌の量を減らしたり、栄養バランスの良いものに変えたり、餌の早食いを直させることによって肥満を解消させていきましょう。

肥満を解消させることは重要なことですが、肥満だからといって急激にダイエットさせるようなことはしないでください。

急激に体重を減らしてしまうと、犬の体の大きな負担になってしまうので、1週間に体重の1~2%を減らしていくことを目安にしましょう。

与える餌の量を見直す

今与えている餌の量は正しい量を与えられていますか?

パグの甘えについつい負けてしまい、食べ物やおやつを余分に与えすぎてはいませんか?

餌を与える時も、目分量で「だいたいこれぐらい」という形で餌を与えていたら要注意です。

子犬から成犬にかけて与える餌の量は変わっていきますが、1歳以上の成犬であれば、1日の餌の量の目安は130gです。

今まで無駄に与えすぎていなかったか量を見直し、しっかりと適切な量に合わせて餌を与えるようにしましょう。

与える餌を栄養バランスの良い高品質なものに変える

どんな餌をパグに与えているかも、パグの肥満を解消を考える上で大切なことです。

市販の安いドッグフードなどを与えていると、穀物が沢山含まれていたり、タンパク質が豊富に含まれていなかったりします。

モグワンのような穀物不使用のグレインフリーで、良質なタンパク質が使われているような高品質な餌に変えることで、肥満を改善していくことも有効な手段です。

➡︎パグの餌にモグワンがオススメな理由についてのトピックはコチラ

早食いを直させる

パグが餌を早食いしてしまうと、パグが満腹感を得られずに過食を繰り返してしまい肥満の原因となります。

与える餌の量や回数を飼い主が管理したり、ドライフードをふやかしたり、早食い防止グッズを使うなどして早食いを直させるようにしましょう。

➡︎早食いを直させる方法についての記事はコチラ

パグが肥満にならないように小まめにチェック!

パグは小型犬でありながらも、食欲旺盛な食いしん坊な犬種です。

飼い主が油断していると、ぶくぶくと太っていってしまいます。

パグが肥満になってしまうと、様々な病気やストレスをかかえてしまう原因となります。

パグが辛い思いをする前に、日頃からパグの様子を小まめにチェックするようにしましょう。

パグに最適な餌を与えよう

パグ 餌 選び方あなたは愛犬のパグに、どのような餌を与えていますか?

餌は食べてくれれば何でも良いというわけではありません。

パグの体にあった栄養バランスの取れた餌を与えてあげることが大切です。