パグの手入れ

パグの抜け毛に困らない!知っておくべき抜け毛の時期や、手入れ方法、対策!

パグ 抜け毛

パグは短毛種で毛が短い犬種なので、抜け毛が少ないように思えますが、ダブルコートを持った犬なので時期によっては物凄い量の抜け毛があります。

「パグがこんなに抜け毛があるなんて知らなかった!」という方は、抜け毛の多い時期には頭を抱えているのではないでしょうか。

こちらのトピックでは、パグの抜け毛に困る前にパグの抜け毛の多い時期や、手入れ方法、抜け毛対策について見ていきましょう。

パグの抜け毛が多い時期はいつ?

パグの抜け毛が多い時期はいつ?パグ抜け毛がひどいと言われることがありますが、それは間違った話ではありません。

ダブルコートを持ったパグは、とても抜け毛が多い犬なんです。

ここではパグの抜け毛が多い時期と、どれくらい抜け毛があるのかについて見ていきましょう。

季節の変わり目は抜け毛が特に多い

特に季節の変わり目である、春と秋に関してはアンダーコートという柔らかい毛が生え変わる時期で、抜け毛が多い時期とされています。

パグは毛色によって、ダブルコートかシングルコートか変わってきますが、ダブルコートであるフォーンシルバーアプリコット毛色パグ抜け毛がすごいです。

ただ、毛色が黒のパグに関してはアンダーコートを持っていないシングルコートの個体となっているので抜け毛が少ないです。

もちろん、シングルコートであっても抜け毛はありますが、ダブルコートと比較すると圧倒的に少ないです。

どれくらいの抜け毛なのか

では、パグの抜け毛が出る時期には、どれくらいの量があるのでしょうか。

わかりやすい参考動画があるので、見てみてください。

手で掻きむしるだけで、抜け毛がそこら中にわさわさと飛び散ります。

アンダーコートの柔らかい毛なので棉のように宙に舞っているのがわかると思います。

パグの抜け毛の手入れ方法

パグの抜け毛の手入れ方法パグの抜け毛の時期が来たら、抜け毛を放置するのではなく、こまめに被毛の手入れをしてあげる必要があります。

手入れとしては、ブラッシングシャンプーをしてあげる形になります。

ここでは、それぞれの手入れのやり方について見ていきましょう。

ブラッシング

ブラッシングは、抜け毛を取り除いてあげるのにとても重要な手入れです。

抜け毛はこぼれ落ちていくものもありますが、抜けた状態でパグの体にくっついている死毛があります。

これらを取ってあげて、抜け毛をゴッソリと取り除いてあげましょう。

ブラッシングするブラシは複数ありますが、ファミネーターかラバーブラシを使ってあげることをオススメします。

ファミネーターは抜け毛を取り除くのに最適なブラシで、軽くブラッシングしてあげるだけで最大90%も抜け毛を取り除いてくれるブラシです。

毎日ブラッシングしてあげる手間を省きたいという方や、抜け毛をゴッソリ取ってあげたいという方には、ファミネーターのようなブラシがいいかもしれませんね。

シャンプー

抜け毛の時期には、ブラッシングだけでなくシャンプーでも死毛を取り除いてあげるようにしましょう。

手入れの順番としては、ブラッシングの後にシャンプーをしてあげるのが理想です。

春であれば月に1~2回、秋であれば月に1回ぐらいを目安にやってあげることを獣医師も推奨しています。

シャンプーをしてあげた後は、タオルドライとドライヤーで毛をしっかりと乾かしてあげるようにしましょう。パグは皮膚がとても弱い犬なので、半乾きの状態にしておくと皮膚炎などの原因になります。

パグの抜け毛対策

パグの抜け毛をなんとかしたいけれども、時期が来れば抜けるものなのでどうしようもないですよね。

そんなパグの抜け毛による手入れの手間を出来るだけ省けるようにするためにも、事前に対策をとるようにしておきましょう。

ここでは、そんなパグの抜け毛に備えておきたい対策について見ていきます。

パグに服を着させてあげる

パグに抜け毛の時期が来ると、部屋中に毛を撒き散らかしてしまうので大変ですよね。

そんな時にオススメなのが、愛犬のパグに服を着させてあげるということです。

パグの毛を覆うように服を着させることによって、部屋中に抜け毛を撒き散らかしてしまうことがありません。

ブラッシングやシャンプーなどの手入れは引き続きやってあげる必要がありますが、毛がそこら中に広がらないので手入れの手間が一気に省けます。

抜け毛対策として即効性がありますし、パグに服を着させることは、パグの肌を守るなどの意味もあるのでやらない手はないですね。

➡︎パグに服を着させる理由についてのトピックはコチラ

毛取りブラシやコロコロを使う

服で抜け毛が部屋に撒き散ってしまわないように工夫しても、まだ絨毯やカーペットなどに毛がくっついてしまうことがあります。

そのような毛を取ってあげるために、毛取りブラシやコロコロを持っておくといいでしょう。

抜け毛を服に付着しにくくさせる洗剤を使う



抜け毛の時期はパグを抱いた時などに、飼い主の服に毛がたくさんくっついてしまうということがよくあります。

毛が服につくたびに毛取りブラシやコロコロを使うのもいいですが、抜け毛を服に付着させにくくさせるリモサボンのような洗剤販売されているので、毎回毛を取り除く手間を省きたいという方にはいいかもしれませんね。

さいごに

長毛種の犬と比較したら抜け毛に悩まされることは少ないかもしれませんが、パグの抜け毛を短毛種だからといって甘く見ていると痛い目にあいます。

ダブルコートを持ったパグは、季節の変わり目にものすごい量の抜け毛があります。

パグが抜け毛の時期を迎えた時に困らないように、手入れの方法や対策方法を確認しておくようにしましょう。

パグに最適な餌を与えよう

パグ 餌 選び方あなたは愛犬のパグに、どのような餌を与えていますか?

餌は食べてくれれば何でも良いというわけではありません。

パグの体にあった栄養バランスの取れた餌を与えてあげることが大切です。