パグの散歩

パグの散歩にはハーネス?それとも首輪?パグの散歩にはコレ

パグ ハーネス 首輪

パグ小型犬ではありますが散歩が大好きな犬なので、理想としては毎日1~2回の散歩に連れて行ってあげる必要があります。

➡︎パグの散歩の頻度や時間帯についてのトピックはコチラ

ただ、散歩をする時に短頭種であるパグに、首輪を使ってあげのるかハーネスを使ってあげるのか悩んでしまった経験はないですか?

こちらのトピックでは、そんなパグの散歩に首輪とハーネスどちらを使うべきなのかを見ていきたいと思います。

首輪とハーネスの役割

首輪とハーネスの役割首輪ハーネスは似たようなものですが、どちらも違う役割を持ったものです。

パグの散歩に首輪とハーネスのどちらを使ってあげればいいのかを見て行く前に、首輪とハーネスのそれぞれの役割について確認しておきましょう。

首輪の役割

首に装着する首輪の主な役割は、首からリードを付ける役割以外にも、犬が飼い犬であることの目印としている役割もあります。

最近では首輪にマイクロチップを埋め込み、愛犬がどこにいるかすぐに判断できるようになるまで発展しています。

それ以外にも、犬がダメなことをした時に首輪を引っ張ることによって、犬にしつけをしてあげる役割もあります。

昔は皮でできたベルトタイプのものが主流でしたが、最近ではナイロンタイプやリボンタイプなどオシャレなものが増えてきて、ファッションの役割という意味合いも出てきましたね。

ハーネスの役割

胴まわりに装着するハーネスはもともと、ソリなどを引っ張らせる力仕事に使わせるものとして使われていたのが始まりです。

首から引っ張られるのとは違い、体への負担が少なく長時間の運動にも耐えられるようになっています。

そのことから介護犬や盲導犬などの犬に使われているのがわかりますよね。

最近では愛犬の散歩にハーネスを使ってあげる飼い主も増え、ファッション性の高いハーネスも増えてきました。

短頭種のパグにはハーネス

短頭種のパグにはハーネス首輪とハーネスのそれぞれの役割を見ると、飼い犬であるパグには首輪がいいと思えてしまいますが「短頭種」のパグにはハーネスを使うのが理想的です。

首輪でリードを引っ張ってあげるのもいいですが、パグは短頭種で気管が弱い犬でもあるので、首輪を使うと気管に負担がかかってしまう恐れがあります。

パグの体の負担を考えてあげるとすれば、胴まわりから引っ張らさせてあげるハーネスの方が安全性が高いということですね。

最近ではパグのような犬種のために作られたオシャレなハーネスも増えてきたので、そういった意味では散歩に最適な選択と言えます。

散歩でパグに首輪を使うのは危険!?

短頭種のパグは、呼吸気管も他の犬と比較して丈夫ではないので、首輪を乱暴に扱ってしまうと気管を刺激してしまう原因となります。

気管支虚脱という気管の刺激によって起こる気管の病気もあるので、首輪を使う時には十分に注意しましょう。

また、首輪を引っ張る時に眼球に内圧がかかり、網膜剥離や白内障などの目の病気も誘発してしまうリスクもあります。

このような危険性を考えると、引っ張るシーンが何かと多くなる散歩のシーンでは、パグに首輪を使うのは避けたいところですね。

首輪とハーネスの併用が最適

首輪とハーネスの併用が最適パグを散歩させてあげる時には、パグの体の負担を考えてハーネスを使ってあげることがいいかもしれませんが、普段の生活では首輪をつけてあげることも重要です。

ハーネスにも役割があるように、首輪にもパグが飼い犬であることを示す役割があります。

「放し飼いしているわけじゃないから迷い犬になる心配はないんじゃ?」と思う方もいるかもしれませんが、家に訪問者が来た時や、家のドアを開けた時、何かの拍子に家を飛び出してしまう可能性も十分にあります。

迷い犬になった犬に首輪が付いていると、飼い犬であると判断し保健所での処分期間が通常よりも延長されるということがあります。

万が一のことを考えて、首輪も併用するようにしておきましょう。

子犬の時からつけさせ、慣れさせるようにしましょう

パグに限ったことではなく、犬は慣れていないものを身につけれられると、その違和感から抵抗してしまいます。

成犬になってしまったパグには根気強く覚えさせてあげるしかありませんが、できることであれば覚えの早い子犬の段階から慣れさせてあげるのが理想的です。

子犬も成犬も同じですが、首輪を長時間つけて嫌がっている仕草を見せたら一度外してあげるなどして、徐々に慣れさせるようにしてください。

さいごに

パグ 散歩
パグにも散歩が必要!パグの散歩の頻度や時間、注意事項!パグは小型犬なので、室内で遊ばせているだけでも十分なように思えますが、実は散歩が必要な犬種なんです。こちらのトピックでは、パグに散歩が必要な理由や、散歩の頻度、時間帯、注意事項などについて見ていきましょう。...

パグは小型犬ではありますが、散歩が大好きな犬です。

そんなパグが散歩に行く時に、パグの体に負担を与えてしまわないようにハーネスを使うようにしてあげてください。

ただ、ハーネスと首輪どちらにも役割があるので、両方の役割をうまいこと活かせるように併用してあげるのが理想的です。

パグに最適な餌を与えよう

パグ 餌 選び方あなたは愛犬のパグに、どのような餌を与えていますか?

餌は食べてくれれば何でも良いというわけではありません。

パグの体にあった栄養バランスの取れた餌を与えてあげることが大切です。