パグの年齢

パグの寿命どれぐらい?パグに元気に長生きしてもらう方法

パグ 寿命

自分の飼っているパグは、どの犬とも比較にならないくらい可愛くて特別な存在なのではないでしょうか?

飼い主であれば、愛犬のパグに1日でも長く元気に生きていて欲しいと思って当然ですよね。

でも、パグの寿命ってどれぐらい?」「どうすれば長生きしてくれるの?」など、パグの寿命に関する疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

こちらのトピックでは、パグの寿命や、パグに長生きしてもらう方法について見ていきたいと思います。

パグの寿命

パグの寿命一般的に犬の寿命は、だいたい12歳前後と言われていますが、小型犬であるパグの平均寿命12〜15歳と言われています。

もちろん、あくまで平均寿命なので15歳以上も長生きしているという例外も沢山あります。

特に最近はドッグフードの質の向上や、医療の発達、サプリメント開発、正しい犬の知識などが進み、犬の寿命はどんどん伸びてきている傾向にあります。

パグは人間の4倍の速さで老化する

寿命が伸びてきているとは言えども、人間よりも寿命の短い犬は、当然のことながら老化のスピードも人間と比較して圧倒的に早いです。

小型犬のパグの場合は、そのスピードが約4倍も違うと言われています。

最初の子犬から成犬までの1年間で、人間でいう17歳まで成長し、そこからは1年に4歳ずつ歳をとっていきます。

以下の表が、人間年齢から見たパグの年齢になります。

人間人間
1ヶ月1歳9歳52歳
3ヶ月5歳10歳56歳
6ヶ月9歳11歳60歳
1歳17歳12歳64歳
2歳24歳13歳68歳
3歳28歳14歳72歳
4歳32歳15歳76歳
5歳26歳16歳80歳
6歳40歳17歳84歳
7歳44歳18歳88歳
8歳48歳19歳92歳

人間が19歳になる頃には、パグは92歳ぐらいの推定年齢ということになるんですね。

「最近飼っているパグが元気がなくなったな」と思ったら、それは老化が原因かも知れませんね。

飼い主が早い段階からパグの老化に気づいてあげて、パグの体の気遣いをしてあげるのも大切ですね。

パグに長く元気に生きてもらう方法

パグに長く元気に生きてもらう方法パグは、長く生きられても15歳くらいまでですが、飼い主からしたら一緒にいる間は、長く元気に生きてもらいたいですよね。

長く元気に生きてもらうためにも、日頃からパグの健康管理をしてあげるようにしましょう。

そこで、パグに長く元気に生きてもらうための方法をいくつか紹介していきたいと思います。

餌を高品質なものにする

パグを長く健康的な状態に保ってあげるには「どのような餌を与えてあげるか」が最も重要な要素になってきます。

市販で販売されている安いドッグフードは、栄養成分が少なく栄養が偏っていたり、大量の添加物や無駄な穀物が多く含まれていたりします。

これらの餌を与え続けていると、当然のことながらパグの健康にとってよくありません。

最近では良質なタンパク質と添加物不使用で穀物も含まれていないグレインフリーの「モグワン」のような高品質なドッグフードも販売されています。

➡︎モグワンについての詳しいトピックはコチラ

日頃から栄養バランスが高く、質の良い餌を与えることによってパグの健康も保たれます。

もし、今まで与える餌に拘っていなかったという方は、餌を見直してあげるところから初めてみるといいかもしれません。

➡︎パグにあった餌の選び方や、オススメの餌についてのトピックはコチラ

肥満にさせない

パグはとても肥満になりやすい犬種です。

肥満になるとストレスだけでなく、気管や皮膚に関する様々な病気にかかる原因となります。

あなたのパグが肥満でないか、常日頃からチェックし、餌やおやつを与える量を調整してあげるようにしましょう。

➡︎パグが肥満かどうかチェックする方法についての内容はコチラ

餌を良質なものに変えてあげてカロリーコントロールしてあげることも大切ですが、早食いを直してあげるというのも有効な手段です。

もし、あなたのパグが餌を早食いしてしまう癖があったら、早食い防止グッズを使うなどして早食いを直してあげるようにしましょう。

➡︎パグの早食いを直す方法についてのトピックはコチラ

老犬になったら餌を老犬用に変える

老犬になると基礎代謝や消化能力が落ち、今までよりも更に肥満体型になりやすくなります。

そんな老犬のパグには老犬専用の餌を与えてあげるようにしてください。



「ピッコロ」は、そんな老犬のために作られたドッグフードになっています。

基礎代謝の低い老犬を考えて高タンパク質な栄養素でありながらも、低脂質でヘルシーなドッグフードとなっています。

グレインフリーで穀物も含まれておらず、消化吸収の弱りがちな老犬にも安心して与えられます。

適度な運動をさせてあげる

パグは基本的には家で大人しくしている性格ですが、外に出て散歩したり遊んだりするのも大好きな陽気な一面もあります。

そんなパグには1日2回、1日に20~30分の散歩をしてあげるようにしましょう。

パグに散歩をさせてあげることで、肥満予防やストレスの解消になります。

➡︎パグの散歩についての詳しい内容はコチラ

定期的に獣医師に見てもらう

パグも人間と同じで、老化とともに病気にもかかりやすくなります。

飼い主が日頃からパグをチェックしてあげ、小さな変化に気づいてあげることも大切ですが、飼い主では気づいてあげられないこともあります。

気づいたら大きな病気にかかっていた」ということにならないように、セルフチェックだけでなく定期的に獣医師に見てもらい、気づけなかった病気を早期発見してあげることも大切です。

➡︎パグのかかりやすい病気についてのトピックはコチラ

さいごに

餌の質や適度な運動、肥満度チェックなど、日頃からパグの健康管理に気遣ってあげれば、平均寿命よりももっと長く生きられるかもしれません。

いきなり全てを変えようとすると飼い主も大変だと思うので、餌だけ変えてみるなど、小さいことから初めてみてはいかがでしょうか。

パグに最適な餌を与えよう

パグ 餌 選び方あなたは愛犬のパグに、どのような餌を与えていますか?

餌は食べてくれれば何でも良いというわけではありません。

パグの体にあった栄養バランスの取れた餌を与えてあげることが大切です。