パグの基礎知識

【キモ可愛いの王様】パグってこんな犬!

パグってどんな犬種?

パグを見ていると、なんだか笑わされちゃう。

トイプードルやシーズー、チワワみたいな「可愛いー!」って感じではなくて、なんか「キモ可愛い」ところが愛おしくて堪らない!

このパグの愛おしさにハマってしまうと、もう抜け出せませんよね。

コロ
コロ
でしょ?皆そう言うの。

こちらのトピックでは、そんなキモ可愛いの王様とも言える犬種「パグ」が、どのような犬種なのかについて紹介していきたいと思います。

最も古い犬種であるパグの歴史

パグの歴史パグは中国が原産国の小型犬で、数ある中でも最も古い犬種のひとつとされています。

あまり知られていないかもしれませんが、パグは長い歴史を持っている犬なんです。

コロ
コロ
そういう意味では、僕は特別な犬種なんだ。
でも、古いってどれぐらい古いの?
コロ
コロ
起源にまで行くと、紀元前まで遡っちゃうかな。

先祖は紀元前2000年くらい前の古代アジアに生息していました。

そのころは今のような小型犬ではなく、大型犬であったと推測されています。

紀元前600年頃には今のパグのような容姿は生まれていて、紀元前400年ごろにはペットとして飼われていたという歴史があります。

最初はチベットの僧院で飼われ、チベタン・スパニエルペキニーズなどと交配することによって今のパグのサイズに小型化していったと言われています。

その後は、仏教を通じて中国に渡り、魔除けになるとして中国の皇室で飼われ、その後は世界初の株式会社と言われていたオランダ連合東インド会社によってオランダに渡ります。

そのオランダでも人気が高まり王室や貴族、官僚や軍人、資産家などに買われるようになりました。

コロ
コロ
僕はどこでも愛されるんだな

その後17世紀から18世紀にかけては、オランダからヨーロッパに伝えられ、さらにイギリスまで渡りました。

19世紀になるとアメリカにもパグが伝わり1885年に全純粋犬種の犬籍管理などを統括している団体である「アメリカンケネルクラブ」に公認されるまでに至りました。

コロ
コロ
この頃には、パグも完全に小型化して今の個体になっていたね。

日本にパグがやってきたのは、アメリカンケネルクラブに公認された後の20世紀になります。

1900年代前半である戦中から戦後の時期に国内でもパグが愛玩犬として入ってきました。

パグの特徴

パグの特徴短鼻とくしゃっとした顔が特徴的で、くしゃりと困ったような表情や丸々とした大きな目からは、なんとも表現できない愛らしさがあります。

コロ
コロ
ブサイク犬なんて言わないでね。キモ可愛いって言うんだよ。

パグの体高は25~28で、体重は6.5~8kgです。

短毛のダブルコートの小型犬で垂れ耳、巻き尾の丸々とした見た目ではありますが、骨格はしっかりしている犬種です。

コロ
コロ
丸々してるけど、実は筋肉質なんだよ。

食欲旺盛なので気をつけないと肥満になってしまいます。

また、短鼻なので犬の中でも珍しい、よくイビキをかく事が多い犬種です。

パグの性格

パグの性格性格は明るく陽気ではありますが落ち着いている性格です。

嫉妬深かったり頑固でマイペースなところもありますが、とても大らかで警戒心も少ないため無駄吠えはあまりしません。

番犬には向かない犬種ですが、自宅でペットとしてならば誰でも飼い易い犬種です。

コロ
コロ
おとなしくするから、仲良くしてよね。

➡︎パグの性格についての詳しい内容はコチラを参照

パグの毛色

パグの毛色パグには複数の毛色が存在します。

毛色の種類はシルバー、アプリコット、フォーン、ブラックの4種類です。

この中でも一番特殊なのがブラックになります。

パグは本来マズルやマスク、耳、頬、全頭などに黒色が入りますが、黒色の毛色のパグは全身が黒の個体になります。

➡︎パグの毛色についての詳しい内容はコチラを参照

キモ可愛いの王様「パグ」

パグのくしゃりとした顔は、いつ見ても人を笑顔にさせてくれる力があります。

性格も温厚で大人しいので、小型犬の中でもとても飼い易い犬種です。

あなたもパグの魅力にはまっていきませんか?

パグに最適な餌を与えよう

パグ 餌 選び方あなたは愛犬のパグに、どのような餌を与えていますか?

餌は食べてくれれば何でも良いというわけではありません。

パグの体にあった栄養バランスの取れた餌を与えてあげることが大切です。