パグの服

パグに服にも服を着させてあげて!パグに服が必要な理由!

あなたは愛犬のパグを着させていますか?

意外と知られていないかもしれませんが、パグに服を着させてあげることは、とても大切なことなんです。

んー、あんまり気にしたことないかな。そのままでも可愛いし、服も結構お金かかるしね・・・。
私はパグちゃんを着飾ってファッション感覚で楽しんでるよ。
コロ
コロ
服を着させるのは、僕のファッションの為だけじゃないんだよ。

多くの方が犬の服はファッションだけと思っているかもしれませんが、実はファッション以外にも服を着させてあげる理由がちゃんとあるんです。

こちらのトピックでは「パグに服が必要な理由」と「服を着させる時の注意点」について見ていきたいと思います。

パグに服が必要な理由

パグに服が必要な理由多くの方が、犬の服はファッションのためだけだと思っているのではないでしょうか。

犬の服はファッションという意味だけでなく、寒さや暑さ、直射日光などから肌を守るという意味もあります。

パグに服を着させてあげるのには、ちゃんと理由があるんです。

こちらでは、そのパグに服を着させる理由について見ていきましょう。

寒さや暑さ、直射日光から守る

パグは短頭種で短毛という犬なので、寒さや暑さにとても弱いです。

これらから守ってあげるためにも、パグに服を着させてあげる必要があります。

散歩の時はもちろんですが、室内であっても体温の保温や、夏場の冷房対策など、パグが快適に過ごせるようにしてあげるためにも服を着させてあげたほうがいいでしょう。

特に老犬になるに従って体温調節の機能が衰えてくるので、服を着させて温度管理をしてあげることが必須です。

皮膚病やアレルギーや怪我から肌を守ってあげる

意外かもしれませんが、パグの肌を守ってあげるのにも服は大活躍します。

皮膚病にかかって皮膚炎ができている時に舐めたり掻いたりするのを防いだり、外からの細菌が入り込まないようにしてくれます。

また、ダニや蚊などといった害虫からもパグを守ってくれます。

散歩をしてあげる時は、飼い主には見えない危険がたくさん潜んでいます。

服をきさせてあげるだけで、そういった危険を阻止することができます。

抜け毛対策になる

パグは短毛なので抜け毛は少ないように思えますが、実は時期によっては抜け毛がたくさんあります。

抜け毛の対策としては、ブラッシングやシャンプーなどがありますが、一番即効性があり効果的なのが服を着させてあげるということです。

服を着させてあげることで、部屋中に抜け毛を撒き散らしてしまうことがなくなるので、抜け毛で頭を抱えることがなくなります。

あとは、定期的にブラッシングやシャンプーをするだけなので、手入れが楽になりますね。

雨の日はレインコート

雨の日にパグが濡れながらにして散歩に出かけさせると、雨の水で体温が急激に下がり風邪の原因にもなりかねません。

そんな時は、レインコートを使って雨から守ってあげるようにしましょう。

レインコートを着させておくと、パグがドロドロになってしまうこともないので、散歩から帰ってきた時の手入れも格段に楽になります。

パグに服を着させる上で注意すること

パグに服を着させる上で注意することパグを守ってあげたり、手入れを楽にさせたりとメリットが沢山ある犬の服ですが、パグに着させてあげるには、いくつか注意しておきたい点があります。

こちらでは、その注意点について見ていきましょう。

正しいサイズの服を選んであげる

パグに服を着させてあげる上で一番重要なことは、正しいサイズを選んであげるということです。

パグの体にあった服でないと、体に圧迫感を感じストレスと抱えてしまいます。

愛犬のパグのサイズをしっかりと採寸し、ジャストサイズの服を選んであげるようにしましょう。

➡︎パグにあった正しい服の選び方についてのトピックはコチラ

服を着させた時に、普段とは違った歩きやぎこちなさを感じたら、服があっていない証拠かもしれません。

パグがストレスを抱えてしまう可能性があるので、服を脱がしてあげて、別のサイズのものを試させてあげてみてください。

無理やり着させることはしない

一番良いのはパグが子犬の時期から服を着させてあげることですが、中には成犬になってから着させる方もいると思います。

今まで服を着てこなかったパグに服を着させようとすると、服の圧迫感から服を嫌がる個体も中にはいます。

パグが嫌がっているのに無理矢理着させてしまうと、パグもストレスを抱えてしまうので、お散歩の時にだけ着させるなど、徐々に慣れさせるようにしてください。

パグも「服を着れば散歩に行ける」という考え方がつき、服を切るのが好きになってきます。

誤食をしてしまわないように注意する

服によっては、紐やリボンのような装飾品がついているものがあります。

オモチャだと勘違いして、誤食してしまうケースも十分にありえます。

特にパグは噛むことが大好きなので、飼い主はパグが服の装飾に噛み付こうとしていないか監視してあげるようにしましょう。

もし誤食の心配をするのが嫌であれば、装飾の薄い服を選ぶことをオススメします。

さいごに

パグに服を着させてあげることは、ファッションだけでなく、寒さや暑さから守ってあげたり、怪我の防止をするという意味もあるんです。

犬は本来服を着ていないんだから、わざわざ着させる必要がないと思いがちですが、小型犬であるパグは寒さや暑さ、直射日光といった外的刺激にとても弱い犬種です。

それらから守ってあげる意味でも、服を着させてあげるようにしましょう。

パグに最適な餌を与えよう

パグ 餌 選び方あなたは愛犬のパグに、どのような餌を与えていますか?

餌は食べてくれれば何でも良いというわけではありません。

パグの体にあった栄養バランスの取れた餌を与えてあげることが大切です。