パグの餌

パグ専用の餌、ロイヤルカナンの安全性を徹底解剖!

パグ ロイヤルカナン

最近のドッグフードは、数年前とは比べ物にならないくらい品質が向上してきました。

無添加であったり、グレインフリーであったりと犬の健康を気遣ったドッグフードが沢山販売されるようになりました。

そんな中で目につくのが「犬種毎のドッグフード」です。

犬種毎にあった栄養バランスで作られたドッグフードとなっていて、もちろんパグ専用のドッグフードも販売されています。

パグ専用とパッケージに書かれていると、なにかまわず安心して買ってしまいがちですが、本当に安全な品質のドッグフードといえるのでしょうか?

そこで今回は、パグ専用ドッグフードでも人気の高いロイヤルカナンの安全性を徹底解剖してみました。

パグ専用のドッグフード「ロイヤルカナン」

パグ専用のドッグフード「ロイヤルカナン」ロイヤルカナンは、世界的にも有名なペットフードで、世界中に工場があることからも、その人気がいかに高いかが伝わってきますね。

自社での研究を重ねて、犬種毎の最適な栄養バランスの餌が与えられるように作られたドッグフードは、とても画期的で一気に人気が広がっていきました。

私も愛犬のパグが子犬の時に、ペットショップで餌のオススメを聞いたときはロイヤルカナンをオススメされました。

愛犬のパグも美味しそうにロイヤルカナンを食べていたので、しばらくはロイヤルカナンを与え続けていました。

パグ成犬用に考えられた栄養バランス

与えていたパグ成犬用のロイヤルカナンの栄養バランスは、しっかりとパグに合った栄養バランスのことを考えられて作られているものになっています。

皮膚病になりやすいパグのことを考えEPA・DHAが含まれていることや、筋肉維持のための理想的なタンパク質の量が配合されています。

また、パグの短頭種である顎の形を考え、粒の大きさや形状がパグの食べやすい形状となっています。

本当にロイヤルカナンは安全なの?

本当にロイヤルカナンは安全なの?パグの体を考えて作られたロイヤルカナンですが、愛犬のパグの健康面を気遣うようになり、ドッグフードの栄養バランスについて考えるようになってから、ロイヤルカナンの安全性に疑問を持つようになりました。

ロイヤルカナンの原材料について細かくチェックしてみると、BHAなどの犬にとってよくないとされる合成添加物が使われていることに気付きました。

以下はパグ成犬用のロイヤルカナンに含まれている原材料になります。

、家禽*ミート、とうもろこし粉、動物性脂肪、とうもろこし、小麦粉、コーングルテン、植物性分離タンパク**、加水分解動物性タンパクビートパルプ、植物性繊維、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、緑茶・ブドウ抽出物(ポリフェノール源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ゼオライト、ミネラル類(K、Cl、Mg、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

*鶏、七面鳥
**超高消化性タンパク
主原料はすべて天然由来原料を使用しており、着色料を使用していない為、粒の色調等にばらつきがある場合がございますが、品質に問題はありませんので、安心してご利用ください。

赤文字のところは、好ましくない原材料です。

これらがパグの健康面や安全性を考えた時にどのように悪いのか、もう少し細かくみていきましょう。

主原料が穀物となっている

ロイヤルカナンは栄養バランスに重点を置いて餌を作られていますが、主原料の多くが穀物となっています。

使用されている穀物が米なので、トウモロコシや小麦などに比べて犬がアレルギーに苦しむリスクは少ないものの、穀物は犬に本来必要ではない栄養素であるということを忘れてはいけません。

犬の理想的な食事は、肉や魚などから取れる高タンパク質な食事です。

穀物は犬の消化に悪く体の負担にもなります。

動物性脂肪をはじめとした多くの脂分

動物性脂肪をはじめとした、魚油、大豆油、ルリチャ油などの脂分が多く含まれています。

脂分使うことによって、犬が餌を美味しいと感じる嗜好性につながりますが、多くの脂肪が使われている餌は、カロリーが高くなりがちです。

パグは、小型犬の中でも食欲旺盛で肥満になりやすい犬種です。

これだけの脂質が含まれた餌をあげてしまうと、パグが簡単に肥満体型になってしまう原因となります。

添加物が含まれている

動物性脂肪の酸化や腐敗化のためか、ロイヤルカナンには保存料や酸化防止剤などの添加物が多く使われています。

ロイヤルカナンをパグにオススメしたくない一番の理由がこの添加物になります。

含まれている添加物のBHAや没食子酸プロピル、ソルビン酸カリウムは、犬の健康に悪影響を及ぼす可能性もあるとされているものです。

ヒューマングレードではない

原材料や公式サイトで謳っていることではありませんが、ロイヤルカナンのドッグフードは、ヒューマングレードドッグフードではありません。

ヒューマングレードドッグフードとは、人間でも食べられる安全な品質のドッグフードであることを表す基準です。

ロイヤルカナンは、栄養バランスに重点を置いていますが原材料にはあまり拘っておらず、人間用ではない資源も有効利用していくスタンスです。

愛犬のパグも大事な家族なので、ヒューマングレードのような安全性の高いドッグフードを与えてあげたいですよね。

安心安全な餌を与えてあげましょう

安心安全な餌を与えてあげましょうロイヤルカナンは知名度や評価は高いものの、原材料や成分をみてみると、評価されている程の内容ではないことに気付かされます。

強いていうのであれば、価格が安く、油が多いので犬も好んで食べてくれるということでしょうか。

やはり、原材料や添加物のことを考えると不安が残りますね。

パグの健康面を考えたいのであれば、添加物不使用で穀物不使用のような高品質なドッグフードを選ぶことをオススメします。

➡︎パグの餌選びについてのトピックはコチラ

最近ではモグワンのようなヒューマングレードドッグフードもあるので、パグの健康を気遣うのであれば、このような餌を与えてあげるのが理想的ですね。

➡︎モグワンについてのトピックはコチラ

パグに最適な餌を与えよう

パグ 餌 選び方あなたは愛犬のパグに、どのような餌を与えていますか?

餌は食べてくれれば何でも良いというわけではありません。

パグの体にあった栄養バランスの取れた餌を与えてあげることが大切です。