パグの手入れ

パグのシワが臭い!パグのシワの臭い対策方法

パグ シワ 臭い

顔のクシャリとした表情がなんとも愛らしいパグですが、時々自分の飼っているパグが臭い!なんて思うことはありませんか?

パグを抱っこして可愛がってあげたいけど「臭いが気になってそれどころじゃない!」こんなことがよくあります。

パグは、顔のシワからキツイ臭いがでてくることがよくあります。

飼い主は、そんなパグの臭いで悩んでいるかもしれませんが、パグも自分の顔からする悪臭にストレスを抱えています。

飼っているパグのシワが臭いと思ったら、シワの手入れをしてあげるようにしましょう。

こちらのトピックでは、パグのシワの臭いの原因と対策方法について見ていきたいと思います。

パグのシワの臭いの原因

パグのシワの臭いの原因パグは短頭種という鼻が短い犬種で、顔にクシャリとしたシワがあるのが特徴です。

これがパグのチャームポイントでもありますが、シワで皮膚が厚く重なった部分は空気が触れないので、蒸れやすく菌が繁殖しやすい部分になっています。

シワの汚れが溜まっていくと、そこから菌が繁殖しシワの臭いの原因となります。

パグは自分でシワのお掃除ができるわけではないので、飼い主が定期的にシワの手入れをしてあげる必要があります。

面倒くさいからといって、パグのシワの汚れをいつまでも放置してしまうと、臭いだけでなく皮膚病の原因にもなりかねません。

また、犬は嗅覚がとても敏感な動物なので、パグ自身が自分の顔からする悪臭にストレスを感じてしまうこともあります。

パグに辛い思いをさせないように、しっかりとお手入れをしてあげるようにしましょう。

パグのシワの臭い対策方法

パグのシワの臭い対策方法パグのシワの臭いが気になるようであれば、すぐにシワの手入れをしてあげるようにしてあげましょう。

お手入れ自体はシワをささっと拭き取ってあげるだけなので、2~3分ほどで終わります。

シワの手入れのやり方

パグのシワの手入れをする時は、濡れたガーゼコットンで優しく汚れを拭き取るようにしてください。

パグのシワの手入れをすると、白いガーゼが真っ黒になるほどゴッソリ汚れが出てきます。

特に鼻の上あたりは皮膚が分厚く重なっていて、奥の方まで汚れが溜まっているので、しっかりと拭き取ってあげるようにしましょう。

汚れを拭き取った後は、乾拭きしてあげて余分な水分を拭き取ってあげましょう。

パグのシワの手入れは、下の動画でチェックしてみてください。

動画をみていただけると分かる通り、本当にゴッソリ取れます

シワの汚れを拭き取ってあげるときは、力を強く入れてゴシゴシして皮膚を傷つけてしまったり謝って目を傷つけてしまうことがないように注意しましょう。

理想は毎日定期的に行うこと

パグは皮膚が弱く、皮膚病を起こしやすい犬種でもあります。

そんなパグのシワに溜まった汚れは、まさに皮膚病の天敵とも言えます。

シワから臭いが出てから手入れをしているようだと、正直いって遅すぎるかもしれません。

シワから臭いが出てくる前に、できれば毎日定期的にシワのお手入れをしてあげるのが理想的です。

さいごに

パグは犬の中でも顔にシワがあることや、肥満体型になりやすいなど、臭いに悩まされやすい犬種と言われています。

お手入れが面倒くさいからといって放っておくと、悪臭が酷くなるだけでなく、パグ自身が自分の悪臭でストレスを抱えてしまったり、皮膚病の原因になってしまったりします。

パグがいつでも清潔で健康にいられるように、しっかりと日頃からケアをしてあげるようにしましょう。

パグに最適な餌を与えよう

パグ 餌 選び方あなたは愛犬のパグに、どのような餌を与えていますか?

餌は食べてくれれば何でも良いというわけではありません。

パグの体にあった栄養バランスの取れた餌を与えてあげることが大切です。