パグの体重

パグの平均体重とパグの年齢による体重管理の方法!

パグ 体重 トップ

パグは、チワワやトイプードルなどの小型犬などと比較すると体重が重く、食欲旺盛の食いしん坊なので、肥満にもなりやすい犬種と言われています。

飼い主はパグに健康でいてもらうためにも、適切な体重でいられるように体重を管理してあげる必要があります。

こちらのトピックでは、パグの体重についての知識とパグの体重管理のやり方について見ていきましょう。

パグの体重について、平均と子犬の体重

パグの体重について、平均と子犬の体重まずは、パグの体重の基本的なことについて見ていきましょう。

パグは他の小型犬と比較しても体重が重めなので、パグの平均体重と子犬の体重について理解しておくことは重要なことです。

成犬と子犬の平均体重

パグの平均体重は以下の通りになります。

成犬子犬
平均体重6~8kg3~5kg

あくまでもパグの平均的な体重なので、当然のことながら個体によって前後はあります。

あなたの飼っているパグが平均値内の体重であれば、肥満の心配はしなくても大丈夫でしょう。

子犬の時は月齢別に体重を管理

パグの子犬の平均体重は3~5kgとありますが、パグの子犬の体重を見てあげる時は、月齢別に見てあげるようにしましょう。

子犬の段階は丈夫な体を作り上げていく時期なので、子犬のパグに元気に育ってもらうようしっかりと餌を与えるようにしましょう。

パグの子犬の月齢別の体重の推移は以下の通りになります。

生後2ヶ月1.2kg
生後3ヶ月2.4kg
生後4ヶ月3.1kg
生後5ヶ月4.4kg
生後6ヶ月4.8kg
生後7ヶ月5.7kg
生後8ヶ月6.0kg
生後9ヶ月6.1kg
生後10ヶ月6.3kg
生後11ヶ月6.6kg
生後12ヶ月6.5kg

こちらの月齢別の体重の推移は平均値なので、成長の過程でこの体重よりも多少誤差があっても問題ありません。

それよりも「与えている餌をしっかり食べてくれているか」を注意深く見てあげるようにしてください。

子犬の段階から餌を喜んで食べてくれる子もいますが、中には少食気味の子もいます。

少食気味の子犬に関しては、小分けにして餌を与える回数を増やしてみたり与える餌を変えてみたりドライフードをふやかしてみてたり、といったような餌を食べてもらえる工夫をするようにしましょう。

パグは生後8ヶ月から成犬の体格になる

月齢別の体重の推移をみてもらうとわかると思いますが、パグは生後8ヶ月になると体重は安定していき成犬の体格へとなっていきます。

この頃ぐらいからは、過食による肥満を避けるためにも食事の量を調整しながら体重を管理していく必要があります。

だいたい生後8ヶ月の段階の体重が、そのパグの適正体重になるので、生後8ヶ月から12ヶ月の体重をキープできるように体重管理してあげましょう。

この体重から20%以上も体重が増えてしまった場合、肥満であると認識したほうがいいでしょう。

➡︎パグが肥満かどうかチェックする方法についてはコチラのトピックを参照

パグの体重を管理する方法

パグの体重を管理する方法パグが成犬になったら、そこからは体重が過度に増えてしまわないように体重管理をしてあげましょう。

体重の管理は、基本的に餌の管理適度な運動によっておこないます。

それでは、具体的な体重管理の方法をみていきましょう。

餌の量を守る

一番大切なのは餌の量をグラムで測り、一日に与える餌の量を固定してあげるということです。

これをすることによって、無駄に餌を与えることがなくなり、上手に体重を管理することができます。

小型犬は少しのカロリーの誤差で太ってしまうので「目分量でこれぐらい」といったような餌の与え方はしないようにしましょう。

おやつを与えすぎない

しつけをする際のご褒美としておやつを使ってあげることは良いことですが、おやつにもカロリーが含まれていることを忘れてはいけません。

普段の餌に加えて、おやつも沢山与えてしまうとカロリー過多の原因となりパグが肥満になってしまいます。

普段与える餌の量を考えながら、おやつを与えるようにしましょう。

栄養バランスの取れた餌を与える

市販の安いドッグフードは、余分な栄養素であったり、添加物、穀物類が沢山含まれています。

偏った栄養は体を不健康にさせますし、肥満の原因にもなります。

良質なタンパク質や穀物や添加物が含まれていない「モグワン」のようなドッグフードがオススメです。

➡︎モグワンがパグに最適な理由についてのトピックはコチラ

早食いをやめさせる

パグの肥満の原因は、早食いから来ている場合もあります。

早食いしてしまうことで満腹感が得られず、過食になってしまうんですね。

過食の癖がついてしまわないように、早いうちから直すようにしてあげましょう。

➡︎パグの早食いを直してあげる方法についてのトピックはコチラ

適度な運動をさせる

パグは自宅の中で飼う室内犬ではありますが、外に出て散歩させてあげるのも大切です。

散歩をさせることで適度な運動になるだけでなく、パグのストレス解消にもなるので、可能であれば毎日散歩に連れて行ってあげるくらいが理想です。

さいごに

パグは小型犬の中でも太りやすく、特に体重管理に気をつけなければいけない犬種です。

体重管理をおざなりにして肥満で不健康なパグになってしまわないように、常日頃からパグの体重管理をしてあげるようにしましょう。

パグに最適な餌を与えよう

パグ 餌 選び方あなたは愛犬のパグに、どのような餌を与えていますか?

餌は食べてくれれば何でも良いというわけではありません。

パグの体にあった栄養バランスの取れた餌を与えてあげることが大切です。